社会福祉団体リンク

社会福祉法人経営研究会

松本博税理士事務所は、TKC全国会 社会福祉法人経営研究会 会員事務所です!
TKC社福研より最新情報を入手し、万全の体制でサポート致します。

松本博税理士事務所は
TKC全国会会員です

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

社会福祉充実財産の試算をご支援します

社会福祉法人の財務規律の向上に係る検討会において、社会福祉充実財産を算定するうえでの「控除対象財産」の考え方が示されています。

活用財産から控除対象財産を差し引いて社会福祉充実残額が少しでもでれば原則として社会福祉充実計画を策定し、平成29年6月の定時評議員会で承認受け、所轄庁に申請をしなければなりません。また、社会福祉充実残額がなくても、その旨を所轄庁に報告することになります。

社会福祉法人の皆様はまずは社会福祉充実財産を算定し、準備を進めましょう!

【社会福祉充実財産の算定方法】


活用可能な財産300,000
A

事業用不動産等
70,000
B

再生産に必要な財産
104,750
C

必要な運転資金
100,000
D

---
25,250
E

A 活用可能な財産の算定方法

【法人全体の貸借対照表】

資産の部負債の部
科目28年度末科目28年度末
流動資産×××流動負債×××
固定資産×××固定負債×××
負債の部の合計②400,000
純資産の部
基本金100,000
国庫補助金等特別積立金200,000
その他の積立金200,000
次期繰越活動増減差額100,000
純資産の部合計600,000
資産の部合計①1,000,000負債及び純資産の部合計1,000,000


【活用可能な財産の算定方法】    


資産の部合計1,000,000

負債の部合計
400,000

基本金
100,000

国庫補助金等特別積立金
200,000

①-②-③-④
300,000
A

B 事業用不動産等の算定方法

【財産目録より抜粋】


簿価減価償却累計額
基本財産
a
 土地100,000b
 建物200,000100000
その他の固定資産

 土地
 建物100,00050000
 構築物20,00015000
 機械及び装置
 車両運搬具
 器具及び備品50,00035000
 その他の固定資産
その他の固定資産合計
170,000c



土地(基本財産)100,000
a
建物(基本財産)200,000
b
その他の固定資産170,000
c

基本金100,000

国庫補助金等特別積立金200,000

対応負債※100,000

a+b+c--④-
70,000B


※2 対応負債


1 年 以 内 返 済 予 定 設 備 資 金 借 入 金20,000
設備資金借入金80,000
1年以内返済予定リース債務0

リース債務0

⑤+⑥+⑦+⑧
100,000

※1 財産目録により特定した事業対象不動産等に係る貸借対照表価格の合計額
※2 対応負債は、上記⑤~⑧の合計で試算
(注)Bの金額がマイナスの場合は0とします

C 再生産に必要な財産の算定方法

【財産目録より抜粋】


簿価減価償却累計額
基本財産


 土地100,000
 建物200,000100,000d
その他の固定資産


 土地
 建物100,00050,000e
 構築物20,00015,000f
 機械及び装置g
 車両運搬具h
 器具及び備品50,00035,000i
 有形リース資産j
 ソフトウェアk
 その他の固定資産l
その他の固定資産合計
50,000



建物の建替費用(注)


減価償却累計額150,000
d+e
×建設単価上昇率(※3)110%m
×一般的自己資金比率(※4)15%n
(d+e)×m×n24,750o





大規模修繕費用(注)



減価償却累計額
150,000
d+e
×
大規模修繕費割合(※5)
20%
p

過去の修繕額

q

(d+e)×p-q
30,000
r





その他固定資産の再取得費用



f~l合計
50,000
s





o+r+s
104,750C


※3 建築単価等上昇率は 110 %で試算
※4 一般的自己資金比率は 15 %で試算 今後通知で公表されます
※5 大規模修繕費割合は 20 %で試算 今後通知で公表されます
注 建物が複数ある場合には各建物で算出し法人で合算します。

D 必要な運転資金の算定方法

【資金収支計算書】

勘定科目決算額












介護保険事業収入500,000
老人福祉事業収入
医療事業収入
その他の事業収入
その他の収入
その他
事業活動収入計500,000




人件費支出300,000
事業費支出50,000
事務費支出50,000
利用者負担が軽減額
支払利息支出
その他の支出
事業活動支出計400,000t
事業活動資金収支差額計100,000
施設整備等資金収支差額計
その他の活動収支差額計
当期資金収支差額合計100,000



年間事業活動支出の3月分


事業活動支出計400,000
t
÷12月

×3月分

t÷12×3100,000D